快適な暮らしを得るために。~美しい室内の実現~

浴槽と流し台

リフォームのカタチ

バリアフリーについて

リフォームのカタチも色々なものがあります。最近注目されてるリフォームとして、バリアフリーがあります。 これは、老人が家に住む時に、怪我をやすい階段やバスに手すりを増設したり、家の中の段差をなくしてフラットにして転んだり転倒することをなくすことです。 バリアフリーのリフォームは、少子高齢化社会にとってなければならないものです。 住宅を建築した当時には30代だったとしても、住宅が20年を経過する頃には、すでに50代になっているということです。50代にもなると10年先のことを真剣に考えなければならない時期になります。 そこで、住宅が劣化したことに合わせて、一緒にバリアフリーのリフォームをしてしまうという人が増えているようです。

二世帯住宅についてのリフォーム

リフォームは何もバリアフリーのリフォームだけではありません。 二世帯住宅のリフォームを意外と多いのです。二世帯住宅には大きく分けて3種類あります。 1つ目が、完全同居型です。特に水回りや、玄関など分けておりませんが、老夫婦の家にバリアフリー設計をしてあることがあります。 2つ目は玄関は違うけども、水回りは共通したものを使っている場合です。水回りが共通している場合の問題点は、老夫婦は早めに食事とお風呂を済ませますが、その下の世代は割と遅い時間に水回りを使用することです。 3つ目は、完全分離型です。玄関もそうですが、水回りを完全に分離して一階は老夫婦の世帯、2階はその子供たちの世帯という感じで分かれている事が多いのです。

Copyright© 2015 快適な暮らしを得るために。~美しい室内の実現~All Rights Reserved.