快適な暮らしを得るために。~美しい室内の実現~

浴槽と流し台

騒音の対策

ピアノの音を防音する

ピアノの音は、人によって騒音と感じることがあります。戸建てですら外に音が響くので、マンション住まいの場合、ピアノを弾く時間帯や練習時間に考慮する必要があります。ピアノの音に関する近隣とのトラブルは、従来から多くあります。 ピアノの騒音対策として、現在はさまざまなものが開発されてきました。部屋全体防音室にするという対策、下への防音対策に防音、消音板、ピアノ自体に取り付ける防音機能などです。アップライトピアノは後ろから音が出るため、壁から数センチ離すことも対策のひとつになりますが、さらに消音クッションや防音パネル、防音サッシなども開発され、手軽に騒音対策が可能になっています。あくまでも音がまったく聞こえなくなるというわけではなく、響き渡る音を軽減するという対策になります。

密集した住宅やマンションにお住まいなら

密集した住宅地やマンションの場合、ピアノの音に限らずトラブルにならないように騒音対策は必要です。騒音と感じられる時間帯や、夜間の静かな時間はピアノの練習を避けるなど、最低限のルールは守りたいものです。 また他人が騒音と感じる度合いは異なるので、できる限りの防音対策がおすすめです。防音室を作るとなると80万から100万ほどの高額費用がかかります。もちろんまったく音が遮られるというわけではありませんが、費用相当の効果はあるといえます。高すぎて無理な場合は、手軽な防音パネルがおすすめです。5万円前後が相場で手ごろな価格となっています。ピアノ自体に消音機能をつけると、ヘッドホンなどを使用してピアノを弾くことが可能です。費用は10万円前後かかることが多いです。 近隣とうまく付き合っていくためには、騒音対策は大切なエチケットです。

Copyright© 2015 快適な暮らしを得るために。~美しい室内の実現~All Rights Reserved.